整体にできること

整体にできることは、体の歪みを治したり、血行を良くすることで、痛みを軽減することです。
要するに、バキボキでも、単なるマッサージにしても、痛い患部に施術を施すことで、痛みが楽になると行ったことが可能なだけです。
ですから、痛いところに腫瘍ができていたり、傷になっている場合は、整体にできることではないということです。

特に神経痛などで慢性的な痛みに関しては、神経が正常でない場合、血液の瞬間が良くないことで起こることも多く、整体にかよって、体が楽になると言うことは良くあることです。
整体が目指すのは、自分の持つ自然治癒力を高めることで、薬などを使うことなく、体の機能を高める部分にあります。
そのお手伝いをするのが整体であり、結果的にそのことが病気を治す力になると考えられます。
何でもかんでも痛いから整体にいれば良いということではなく、どういう痛みなのか、さすったり、歪みを治す事で痛みが治るものであれば、整体へ、ということになります。

整体に行き、マッサージや施術をしてもらうことで、気持ち良いと思うことが理想で、痛みが取れて、再び元気な体になることが大切でしょう。
よくある痛みでは、腰痛、関節痛等病院に行ったら、年だから仕方ないと言わる痛みに関して、整体にいくことで、痛みが軽減されることがよくあります。

また、整体のクセによって、○○の整体が自分に合っていると言うこともよく耳にします。
整体によっても、痛みの軽減の仕方等も変わってきます。