納骨堂と霊園の違いは?

みなさんは一生を終えたときにどんな場所で眠りますか?
最近は、霊園だけでなく、納骨堂をお墓にする人も増えているんだそうです。

そもそも、納骨堂と霊園の違いはどこにあるのでしょうか。
似たような感じがしますが、実はけっこう違ったりするんです。

今回はそれぞれの特徴についてご紹介しましょう。

【納骨堂】

納骨堂(のうこつどう)というのは、本来お墓ができるまでの間
遺骨を保管しておくためのお堂なのです。ですから、本来であれば
お墓のかわりというか、カンタンに言いますと仮住まいのようなものですね。
しかし、最近では、納骨堂をお墓代わりにしてしまう人もいるようで。
雨天でもお墓参りができると人気のようです。

供養するって、どういう事を言うんですか? – Yahoo!知恵袋

【霊園】

霊園は名前の通り、墓地と同じ役割をします。
霊園は遺骨を安置する場所ともいって。敷地内に家を買うようなものです。
死後の家みたいなものでしょうか。先祖代々的な墓だとカートンがあって
層になっていることが多いです。

そのため、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に要られるとおもいます。
霊園は屋外が多いので、雨天だとどうしてもお墓参りに行きづらいです。
最近だと、屋内型もできましたが、霊園はやっぱり屋外がいいなという人が多いのではないでしょうか。